肌が白くなるためのお世話として

肌が白くなるためのお世話として「美白化粧品」があります。美白化粧品には、UVにてできるしみ
やそばかすを予防するための数種類の美白種が配合されています。美白化粧品を有効に使って美白
を実現させるには、その関連とうりを理解する必要があります。

しみができるには、UVを浴びた結果メラニンを生み出すみたい命令する動き、そのコマンドにてチ
ロシナーゼを活性化させメラニンを生み出す動き、そうして、メラニン色素が皮膚の偽造へ現れて
ターンオーバーで放出しきれないといったしみとなって留まる動き、こういう3つの動きに分かれま
す。

美白メーキャップ水に配合されている美白種は、そのどの動きに効果があるのか分かれています。
そのため、ただ肌が白くなることだけを求めて、「美白メーキャップ水」と表示されているものを
適当に選ぶのではなく、どの動きに効果があるのか見極める必要があるのです。

UVの影響でメラニン産出の命令を出す動きに有効なのが、そのコマンドを届かないようにする「カ
モミラET」といった「トラネキサム酸」という種だ。これらの美白種は、もはやできてしまったし
みよりも、これ以上しみを作らないようにやる効果があります。

次は、メラニンを生成する動きに有効なのが、チロシナーゼの活性化を減じ、メラニン色素の稽古
を防ぐ効果のある「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタエキス」
などです。また、初々しい美白種「リノール酸」という「マグノリグナン」は、メラニン色素を生
み出すチロシナーゼを燃やす効果があります。

メラニン色素が肌細胞へといった現れてしみになる動きに有効なのが「D-メラノTM」だ。こういう
種は、メラニンが生成される過程で作用し、メラニン色素が偽造で蓄積されるのを予防する効果が
あります。ラピエル楽天