紫外線を防止するスキンケア商品とは

太陽光が降り注ぐ日中に屋外に行く際には、紫外線に対する予防策をとっておくことが美容のコツです。日焼けをすると、肌が黒くなったり皮が剥けたりするイメージがありますが、日焼けの弊害はそれだけではありません。皮膚の色がくすんだり、そばかすがふえるのは、紫外線が皮膚の奥に到達し、肌の細胞にダメージを与えていたり、メラニン色素を増やしているからです。肌に紫外線によるダメージが蓄積しないように、紫外線が肌にまで届かないようにしておくことがポイントです。日焼け止めは、皮膚に紫外線が照射され、肌が悪影響を受けないように、肌を守ってくれるものです。クリームタイプ、ジェルタイプ、乳液タイプなど、日焼け止めの種類は多様化しています。珍しいものとして、日焼け止め成分をスプレーで体に吹き付けというものもあります。使用感や使用するシーンなどに合わせて、自分に合った日焼け止めを選べるようになっています。日焼け止めにはSPFや、PAという表記がありますが、これは、どの程度の紫外線を防止できるかの数字です。目には見えませんが、紫外線はA波とB波とがあり、SPFは紫外線B波をカットすることが可能な栄養成分です。SPFが大きければ大きいほど、紫外線Bが皮膚を焼き始めるまでの時間を先送りできるようになります。日焼け止めクリームには、SPFの他に、PAという指標があります。こちらはa波が皮膚に届かないよう防止する成分であり、PA+、PA++というように+記号で表示します。

エマルジョンリムーバーのことならhttp://www.jordanraycroft.com/だよね~!