プラセンタのサプリメントに副作用はあるか

美容や健康に意識の高い人たちの間でプラセンタという成分が話題になっています。通販ショップではサプリメントとして販売されていて大変人気の商品となっています。プラセンタは、サプリメントとして取り扱われているものと、医薬品として使われているものがあります。

医薬品として処方されるプラセンタの多くは、人間の胎盤をもとにして有効成分を取り出したものです。豚の胎盤を原材料にプラセンタの成分を取り出したものは、市販のサプリメントの材料に用いられています。

最近になって取り扱われているサプリメントの中には、馬由来のものも増えてきています。多くの人に利用されるようになってきたプラセンタのサプリメントですが、副作用はあるのでしょうか。

プラセンタのサプリメントを摂取し始めた最初の時期は、生理の時期が早まったり、出血量が多くなることや、軟便になることなどもあるようです。身体のコンディションが変わっていっているあらわれなので、しばらく様子を見ていると、落ち着いてくるといいます。

プラセンタサプリメントを摂取したところ、アトピー肌体質だった人のお肌に、湿疹が出ることがあります。プラセンタのサプリメントを摂取したために、下半身がむくんだり、体のあちこちに赤い斑点が現れるといった症状が出たりします。

その場合は、プラセンタのサプリメントの摂取を速やかに中止することで、改善されますので、利用を続けないようにしましょう。